税金とは何か?

税金のプロが持っている資格といえば、税理士、公認会計士、ファイナンシャルプランナーなどがあります。

税理士になるには学歴、資格、職歴の条件があったり、公認会計士は受験資格はありませんが、非常に難易度の高い2種類の試験に合格と実務経験が必要になってきます。
この実務や補助事務経験は税理士、ファイナンシャルプランナーになるためにも必要なことになっています。

ファイナンシャルプランナーには国家資格と民間資格があり、それぞれ始めたばかりの人は国家資格3級の方から目指し、それを持っていることで国家資格2級や民間の資格AFPを受けることができるようです。その中には国際ライセンスのCFPというものもあり、条件もすでに国家資格2級や民間資格AFPをもって認定されていないといけないということです。
FP技能士など1級が1番難しく、国家資格の2級と民間資格のAFP、国家資格の1級と民間資格のCFPが同等のレベルのようです。

どれも高収入というイメージですが、やはり働き方により給料も様々のようです。
企業に雇われていたり、サラリーマンだったり、独立していたり、難しい勉強をしてきたからこそ取れる資格、できれば収入も得たいと思っていると思いますが、お金の問題はとてもデリケートで分かりにくく、でもとても大事なことです。
お金は1番ではない!と心では分かっていながらやはりストレスや悩みの原因上位にあげられるものです。手軽に相談できる人が身近にいれば良いですが、私たちにしっかりと向き合ってくれて損のない人生の手伝いをしてくれるような人に相談したいです。