この記事をシェアする

税金について相談

国税庁とは?

国税庁とは、国税徴収などを取り仕切る機関です。

納税者の管理やパソコンやスマホから簡単に確定申告ができるようにしたり、国税庁で働いている人の管理、税金の滞納者への対応など、この滞納者への対応はかなり重要な仕事のようです。自分くらい払わなくていいだろうという気持ちを持った人が国レベルでいるとなると様々なことに支障が出るくらいの問題になります。
さらに大きい金額と関わっている納税者の脱税などを調査、悪質なものを摘発、検察当局に告発ということもしています。
他にも税務大学校という職員に対する研修や税務に関する研究や資料の整理、税務に関する国際協力を目的とする機関もあります。

国税庁の管理の下、国税局から一般の納税者により身近な税務署へと仕事が広がっていきます。

税務署とは?

国税庁や国税局の管理の下、税金に関する仕事をしている機関です。

税金に関することで相談があれば、まず身近な税務署に電話すると音声案内で進められます。
まず所得税のことや個人事業主の消費税などのこと、贈与税や確定申告についての会場や期間、申告書の書き方。
それ以外の一般的な相談(所得税、源泉徴収、相続税、贈与税、法人税、消費税など)、税務署からの納付などの相談、消費税の軽減税率制度に関する相談(軽減税率が適用されるものや請求書の書き方など)で案内があり、最終的に確定申告電話センターや電話相談センター、税務署、消費税軽減税率電話相談センターなどでオペレーターや職員、税理士が答えてくれるそうです。

電話予約で直接相談することもできたり、よくある質問集などもあるのでまずはそこで確認すると余計な時間を省くことができそうです。