この記事をシェアする

税金について知っていること

税金の勉強をしよう!

確定申告が近づいてまだ期間もあるし大丈夫だろうとのんびりしていたらあと一週間もない!いざやってみたら分からないことだらけ!という人も多いと思います。
確定申告をしていなくても年末調整の仕組みや保険料や所得税や住民税、この金額の出し方など当たり前に支払っているものでも分からないことはたくさんあります。

国税庁のホームページでも小学生向け、中学生向け、高校生向け、高校生以上向けというように分かりやすさ別で勉強することもできます。
資格の専門学校で学んだり、無料のセミナーや説明会に参加して学んでみるのも良いかもしれません。
税金に関する本もたくさん出ています。フリーランスや副業の人に向けてのものやこれからの消費増税に関するもの、会社を持っている人はどれだけ損せず節税するかということも大事ですし、身近なところでもめないように相続税や贈与税に関する本もたくさんでています。

個人と税金の関わり

人生百年時代と言われ、生きているだけでお金がかかり、どんなに節約して、贅沢をしていなくても税金はかかってきます。その中で賢く税金を安くしていく方法を探して実行していかなければなりません。そしてその方法を国も作ってくれているのです。
結婚して妻が扶養に入り、収入を抑えたり、子供がいたり、生命保険料や社会保険料の支払いに応じて所得税が安くなるようになっているようです。
他にもふるさと納税では収入により限度額は違いますが、寄付した金額に応じて所得税や住民税の控除や還付を受けることができます。
他にも個人型確定拠出年金idecoは老後資金作りで60才まで引き出せないとはいえ、それ以上のメリットが多いので相談したり、調べたりしてお得に税金と関わっていきたいですね。